研究生とオフ会

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインカジノの研究、本当に稼げるのか?それとも負けるのか?という大きな命題があるにも関わらず、本日は研究メンバーとオフ会こと、飲み会に行ってまいりました。お店は落合にあるしやぶしゃぶ「木曽路」です。全国展開されている名古屋発祥のその名の通りしゃぶしゃぶ屋なのですが、ごまだれが非常においしく、これまた生ビールがすすむことすすむこと。そして、オンラインカジノ研究生との楽しいコミュニケーションが続き、充実の時間でした。費用はもちろん、本当に稼げるか側の研究生のおごりです。まあ、こんなことをやっていていいのかという感じもしますが、皆さん出身はそうそうたるものです。東京、早稲田、慶応、上智といった具合なのです。
さて、どんな会話だったかと言いますと、かなりマニアックです。最近の入金手段、例えばジパングカジノから登場したnetbanqは手数料が安いだの、最近マイクロゲーミング系オンラインカジノから登場した超大作のアバロン2のワイルドを引く確率だの、ブラックジャックのベーシックストラテジーを守ることの重要性だの、もう会話が個室でよかった感じです。ちなみにアバロンというビデオスロット、非常に研究生がテーマを忘れるほど夢中になる最近のオンラインカジノゲームの中で惚れ惚れするできです。もちろんのこと、3000回転あたりを研究してみて、どれくらいの確率でボーナスゲームに突入するかを出してみました。もちろんフリースピンが大半ですが、これが意外と300分の1くらいの確率に収まっており、これであれば、1ベット$5×300=$1,500の投資でフリースピン時の爆発力を期待すればおそらく良い結果が拝めると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>